コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レオ1世 レオいっせいLeo I

2件 の用語解説(レオ1世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レオ1世
レオいっせい
Leo I

[生]?
[没]474.2.3.
ビザンチン皇帝 (在位 457~474) 。トラキア人。軍人として頭角を現し,F.アスパルに見出され,マルキアヌス帝の死後コンスタンチノープルで皇帝に推戴された。アスパルは彼を傀儡帝とするつもりだったが,彼はそれを拒否,抗争して 471年にはアスパルを倒した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

レオ1世
レオいっせい
Leo I

[生]?. トスカナ?
[没]461.11.10. ローマ
トスカナ出身とされる第45代教皇(在位 440~461)。聖人。グレゴリウス1世らとともに大教皇と称される。聖俗両面で傑出し,登位前から著名だった。治世の 21年間は古代から中世への転換期にあたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

レオ1世の関連キーワードゼノンネポスレオ企業年金フリースクールフリースクールなどの全国調査竹内峠二上山イントゥ・ザ・ミスティック粟島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone