コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三芳[町] みよし

百科事典マイペディアの解説

三芳[町]【みよし】

埼玉県南部,入間(いるま)郡の町。武蔵野台地の北東部に位置する。西部の上富(かみとめ)は江戸中期の新田で,隣接する中富,下富とともに三富新田の一つとして有名。関越自動車道と国道254号線が通じ,近年工場の進出や住宅地化が著しい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みよし【三芳[町]】

埼玉県南部,入間郡の町。人口3万5607(1995)。武蔵野台地の北東部に位置し,所沢市の北東に接する。江戸時代に平地林を切り開いて開拓された新田集落が多く,なかでも上富(かみとめ)は,所沢市に属する中富,下富とともに,元禄年間(1688‐1704)に三富(さんとめ)新田として開拓されたもので,武蔵野台地の代表的新田集落として知られる。東武東上線鶴瀬駅へのバスの便がよく,都内への通勤に便利なため,1960年代後半から人口が増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三芳[町]の関連キーワード三富

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android