三蔵(歴史)(読み)さんぞう

百科事典マイペディアの解説

三蔵(歴史)【さんぞう】

古語拾遺》の伝承が伝える大和朝廷斎蔵(いみくら),内蔵(うちくら),大蔵(おおくら)のこと。初め神物などを納める斎蔵だけであったが,朝廷の発展に伴って,履中(りちゅう)朝に内蔵,雄略朝に大蔵が分立,これらを管理した蘇我氏が勢力を得たといわれる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android