コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三蔵(歴史) さんぞう

1件 の用語解説(三蔵(歴史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

三蔵(歴史)【さんぞう】

古語拾遺》の伝承が伝える大和朝廷の斎蔵(いみくら),内蔵(うちくら),大蔵(おおくら)のこと。初め神物などを納める斎蔵だけであったが,朝廷の発展に伴って,履中(りちゅう)朝に内蔵,雄略朝に大蔵が分立,これらを管理した蘇我氏が勢力を得たといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

三蔵(歴史)の関連キーワード稲置斎蔵斎部広成内蔵寮古語拾遺日本神話屯倉大和朝廷和朝斎部浜成

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone