コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内談 ナイダン

デジタル大辞泉の解説

ない‐だん【内談】

[名](スル)
内々に話し合うこと。また、その相談。「運動方針について内談する」
室町時代、引付衆(ひきつけしゅう)が行った政務評定

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ないだん【内談】

室町幕府において,引付方侍所政所(まんどころ),問注所,地方(じかた)などの各部局会議のことを内談と称した。中でも,所領問題についての裁判機関である引付方の内談は重要で,引付衆のことを内談衆とも呼んだ。内談の次第は,15世紀後半に著作されたとみられる《武政軌範》に見える。それによれば引付内談は,定期的には月6回,引付頭人邸で開かれ,引付衆および奉行人が出席する。奉行人中の古参者が会議の事務長役である開闔(かいこう)を務める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないだん【内談】

( 名 ) スル
内々で話し合うこと。内密の相談。 「役員数人で-した結果」
室町幕府の引付ひきつけの通称。また、引付における評議をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

内談の関連キーワード大館氏(おおだちうじ)大館常興日記宗像氏事書室町幕府大館尚氏武田信広室町時代山名義理京極高氏菊池武重宗像氏盛悪所落ち引付沙汰仁政方寄合衆内談方大館氏礼場評議宿老

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android