コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村勘三郎(1世) なかむらかんざぶろう[いっせい]

1件 の用語解説(中村勘三郎(1世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村勘三郎(1世)
なかむらかんざぶろう[いっせい]

[生]慶長3(1598)
[没]明暦4(1658)
歌舞伎俳優。江戸時代最初の官許の劇場猿若座 (→中村座 ) の座元。出自については諸説あるが,猿若 (滑稽芸) の名手で,猿若勘三郎は異名,屋号柏屋。京都で修行,江戸の繁盛に伴って下向,元和8 (1622) 年に劇場創立を出願し寛永1 (24) 年2月 15日許可。明暦3 (57) 年正月江戸の大火により類焼したため,5月息子勘二郎を伴い上洛,内裏に参入して猿若を演じた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中村勘三郎(1世)の関連キーワード太閤検地フェリペフェリペ安土桃山時代春日山藩醍醐寺豊臣秀吉の埋蔵金伝説秀吉の埋蔵金伝説醍醐寺王鑑

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone