態と(読み)わざと

精選版 日本国語大辞典の解説

わざ‐と【態と】

〘副〙
① こうしようという、ある意図や意識をもって事を行なうさまを表わす語。現在では、そうしなくてもいいのにしいてするさまにいう場合が多い。わざわざ。意識的に。わざっと。
※後撰(951‐953頃)恋二・六一三・詞書「わざとにはあらで、時々物いひふれ侍ける女の」
※平家(13C前)四「其日を最後とやおもはれけん、わざと甲(かぶと)は着給はず」
② 状態がきわだつさま、格別に目立つさまを表わす語。とりわけ。特に。
※蜻蛉(974頃)中「心地いとあしうおぼえて、わざといと苦しければ」
※更級日記(1059頃)「わざとめでたき草子ども、硯の箱の蓋に入れておこせたり」
③ 正式であるさまを表わす語。本格的に。
※落窪(10C後)二「わざとの妻(め)にもあらざなり」
④ 事新しく行なうさまを表わす語。あらためて。
※枕(10C終)八「わざと消息し、よびいづべきことにはあらぬや」
※宇治拾遺(1221頃)九「この度は、おほやけの御使なり。すみやかにのぼり給て、またわざと下り給て、習ひ給へ」
⑤ ほんの形ばかりであるさまを表わす語。ほんのちょっと。少しばかり。わざっと。
※俳諧・野集(1650)五「樽は唯わざとばかりの祝言に よひあかつきにくるしみぞ有」
※浮世草子・世間御旗本容気(1754)四「生鯛一折、酒一樽、態(ワザ)と祝ひて軽少ながら進上」

わざっ‐と【態と】

〘副〙 (「わざと(態━)」の変化した語)
※雑俳・柳多留‐一四(1779)「百旦那わざっとどらをあいしらい」
※細君(1889)〈坪内逍遙〉二「どうせ出来ない相談なら、私へ態(ワザ)っと話すには及ばない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

わざ‐と【態と】

[副]《名詞「わざ(業)」+格助詞「と」から》
意識して、また、意図的に何かをするさま。ことさら。故意に。わざわざ。「態と負ける」
とりわけ目立つさま。格別に。
「―深き御敵と聞こゆるもなし」〈・葵〉
正式であるさま。本格的に。
「―の御学問はさるものにて」〈・桐壺〉
事新しく行うさま。
「―かう立ち寄り給へること」〈・若紫〉
ほんのちょっと。少しばかり。
「ではござりませうが、―一口」〈伎・上野初花

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android