コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

態と ワザト

デジタル大辞泉の解説

わざ‐と【態と】

[副]《名詞「わざ(業)」+格助詞「と」から》
意識して、また、意図的に何かをするさま。ことさら。故意に。わざわざ。「態と負ける」
とりわけ目立つさま。格別に。
「―深き御敵と聞こゆるもなし」〈・葵〉
正式であるさま。本格的に。
「―の御学問はさるものにて」〈桐壺
事新しく行うさま。
「―かう立ち寄り給へること」〈・若紫〉
ほんのちょっと。少しばかり。
「ではござりませうが、―一口」〈伎・上野初花

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わざと【態と】

( 副 )
自然に、または偶然にそうなるのではなく、意図的にそうしようと思ってするさま。わざわざ。故意に。多く悪意を伴った行動に用いる。 「 -悪口を言う」
際立って。特に。 「ここちいと悪しうおぼえて-いと苦しければ/蜻蛉
正式であるさま。本格的であるさま。 「 -の御学問はさるものにて/源氏 桐壺
少しばかり。形ばかり。わざっと。 「新製の羊羹と香煎、-お年玉のしるし/滑稽本・七偏人」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

態との関連キーワードJ.I.N. ボードアン・ド・クルトネーボードアン・ド・クルトネーボードゥアン・ド・クルトネデュナミスとエネルゲイアベルクソン哲学の基本概念コミッションシステムプロテインボディー社会静学・社会動学黄金の蔵ジパング煮え端/煮え花タンパク質顆粒コーペラチーブ気分循環性障害クルシェフスキ焼肉屋さかいマーガレットアイスバーグハウユニット日本海庄や超臨界領域