コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲[市] いずも

2件 の用語解説(出雲[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

出雲[市]【いずも】

島根県北東部,斐伊(ひい)川下流の出雲平野西部と島根半島西部,内陸の山地を占める市。1941年市制。中心の今市は室町時代以降市場町として発達した。市域は標高5〜10mの低湿な水田を基調とする農業が主。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いずも【出雲[市]】

島根県東部の市。出雲平野の中心にあり,斐伊(ひい)川の西に位置する商工業都市。1941年簸川(ひかわ)郡今市町と塩冶(えんや),大津,四絡(よつがね),高浜,高松,川跡(かわと),古志(こし),鳶巣(とびす)の各村が合体して出雲町となり,同年市制。人口8万4854(1995)。鎌倉末期に城下町としての塩冶,古志が開け,室町以後新市場町として今市,旧山陰道の宿場町として大津が発達した。周辺は米のほか,ブドウ,野菜の栽培が多く,17世紀の高瀬川開削以後出雲平野の物資集散の一中心ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone