コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出雲[市] いずも

2件 の用語解説(出雲[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

出雲[市]【いずも】

島根県北東部,斐伊(ひい)川下流の出雲平野西部と島根半島西部,内陸の山地を占める市。1941年市制。中心の今市は室町時代以降市場町として発達した。市域は標高5〜10mの低湿な水田を基調とする農業が主。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いずも【出雲[市]】

島根県東部の市。出雲平野の中心にあり,斐伊(ひい)川の西に位置する商工業都市。1941年簸川(ひかわ)郡今市町と塩冶(えんや),大津,四絡(よつがね),高浜,高松,川跡(かわと),古志(こし),鳶巣(とびす)の各村が合体して出雲町となり,同年市制。人口8万4854(1995)。鎌倉末期に城下町としての塩冶,古志が開け,室町以後新市場町として今市,旧山陰道の宿場町として大津が発達した。周辺は米のほか,ブドウ,野菜の栽培が多く,17世紀の高瀬川開削以後出雲平野の物資集散の一中心ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

出雲[市]の関連キーワード出雲出雲平野大社教平田ブカレスト松江平野安来光州東金