コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大門[町] だいもん

百科事典マイペディアの解説

大門[町]【だいもん】

富山県中北部,射水(いみず)郡の旧町。庄川の下流東岸にあり,中心集落は北陸道宿場町として発達。米作が盛んで,果樹栽培,園芸も行う。マスカットブドウ,ナシは特産品。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいもん【大門[町]】

富山県中央西部,射水(いみず)郡の町。人口1万2284(1995)。富山平野西部,庄川東岸に位置する。中心集落の大門は1653年(承応2)に町立てされ,北陸道の宿場町として発達した。主産業は米作を主とする農業で,近年養豚やナシ,マスカットなどの生産がふえている。庄川扇状地末端の湧水帯には養鱒場がある。また南部の射水丘陵からとれる粘土を原料に瓦の製造が行われる。庄川東岸の段丘には縄文~古墳時代の複合遺跡串田新遺跡(史)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大門[町]の関連キーワード甲府盆地釜無川笛吹川

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大門[町]の関連情報