安め/安目(読み)ヤスメ

デジタル大辞泉の解説

やす‐め【安め/安目】

[名・形動]
値段が比較的安いこと。また、そのさま。「―に見積もる」⇔高め
丁半ばくちで、負けの賽(さい)の目が出ること。
「―にかかって丸裸」〈洒・新吾左出放題〉
値段の安いものを買うこと。また、その人。
「―でも呼ばざあ、買人(かひて)のねえ面だ」〈洒・多佳余宇辞〉
ひかえめにすること。謙遜。
「其様(そんな)に―をお言ひのが愛敬になって」〈人・梅之春〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android