コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士[町] ふじ

2件 の用語解説(富士[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富士[町]【ふじ】

佐賀県北部,佐賀郡の旧町。主集落は温泉のある古湯。高冷地野菜ミカン栽培を行うほか,林業も営む。川上川は急流で峡谷が美しく,多くの発電所,佐賀平野灌漑(かんがい)用の北山(ほくざん)ダムがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふじ【富士[町]】

佐賀県中北部,佐賀郡の町。北は福岡県に接する。1966年町制。人口5734(1995)。町域は広いが北部は脊振山地,南部と西部は天山(てんざん)山系で,大部分が山間の傾斜地である。谷々の水を集めて中央を嘉瀬川(川上川)が南流する。県の北部山地一帯は山内(さんない)とよばれたが,戦国期には神代(くましろ)氏の勢力下にあり,竜造寺氏との抗争が繰り返された。城のあった畑瀬には神代勝利の墓がある。江戸時代には山内の神代氏旧家臣は郷士の処遇をうけ,佐賀藩山内代官の支配下に置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士[町]の関連キーワード井上萬二嘉瀬川唐津湾佐賀県筑紫山地筑紫平野佐賀銀行マルキョウ横尾純喬佐賀共栄銀行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone