コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封建制[周] ほうけんせい[しゅう]feng-jian-zhi; fêng-chien-chih

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封建制[周]
ほうけんせい[しゅう]
feng-jian-zhi; fêng-chien-chih

中国,殷征服後に周の武王および周公旦によってとられた国家制度。「封 (おお) いに親戚を建て,周の藩屏とした」といわれるところから,封建の語が生れたとされる。天子が兄弟や同姓一族を多数諸侯に封じて邑制国家を建てさせ,各国に内政上の絶対権と世襲権を与えて天下を分治させた制度である。この制度は宗族的な血縁社会の基盤のうえに築かれたものであり,秦・漢時代以後の官僚的郡県制の反対概念であり,ヨーロッパ封建制度 feudalismとは性格が異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android