小国[町](読み)おぐに

百科事典マイペディア 「小国[町]」の意味・わかりやすい解説

小国[町]【おぐに】

新潟県中部,刈羽(かりわ)郡の旧町。信濃川の支流渋海(しぶみ)川中流の山間盆地を中心に米,野菜を産し,酒造製材のほかシイタケ栽培も盛ん。特産小国紙がある。2005年4月南蒲原郡中之島町,三島郡越路町,三島町,古志郡山古志村と長岡市へ編入。86.15km2。7222人(2003)。

小国[町]【おぐに】

山形県南西部,西置賜(にしおきたま)郡の町。荒川上流の小国盆地に中心の小国があり,米坂(よねさか)線が通じる。周辺の広大な山地にはブナ林が多い。重工・化学工場などがあり,第2次産業を主産業とする。農業では,稲作肉牛飼育が中心。飯豊山(いいでさん)一帯磐梯朝日国立公園に属する。737.56km2。8862人(2010)。

小国[町]【おぐに】

熊本県北端,阿蘇郡の町。筑後川最上流の小国盆地が中心で,主集落は宮原(みやばる)。大分県日田に続く林業地で,藩政時代からの小国杉の製材,植林が活発。シイタケも多産,野菜栽培,畜産も行う。杖立(つえたて)温泉がある。136.94km2。7877人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android