コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林[市] こばやし

2件 の用語解説(小林[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小林[市]【こばやし】

宮崎県西部の市。1950年市制。大淀川の支流岩瀬川が流れる小林盆地が中心で,南部は霧島山北麓。古来日向(ひゅうが)と肥後の間の要害の地であった。吉都線,宮崎自動車道,国道221,265,268号線が集中,霧島錦江湾国立公園観光の基地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こばやし【小林[市]】

宮崎県南西部にある市。北は熊本県,南は鹿児島県と接する。1950年市制。人口4万0840(1995)。市域の中心を小林盆地が占め,盆地内を大淀川の支流岩瀬川が東流する。盆地の周辺は標高300m内外のシラスや礫(れき)層の台地で,南部は霧島火山群,北部は九州山地,東と西は丘陵性の山地が都城盆地加久藤(かくとう)盆地との境界をなしている。この地は古くは夷守(ひなもり)といわれた辺境守備の地で,《延喜式》に夷守駅の名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

小林[市]の関連キーワード冤罪現代資本主義中南米映画人口爆発日野TH10型トラックATG国勢調査社史新日本文学女性団体

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone