山崎(読み)やまさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山崎(兵庫県)
やまさき

兵庫県南西部、宍粟郡(しそうぐん)にあった旧町名(山崎町(ちょう))。現在は宍粟市の南部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)山崎町は菅野(すがの)村を編入、1955年城下(じょうした)、戸原(とはら)、河東(かわひがし)、蔦沢(つたざわ)、神野(かんの)、土万(ひじま)の6村と合併。2005年(平成17)一宮(いちのみや)、千種(ちくさ)、波賀(はが)の3町と合併、市制施行して宍粟市となる。旧町域の大部分は山地で、南流する揖保川(いぼがわ)沿いに小平野が開け、川沿いを国道29号(因幡(いなば)街道)が北上する。南部には東西に山崎断層が走り、この谷を中国自動車道が通り、山崎インターチェンジがある。古くから交通の要地で、中世は赤松氏の支配を受け、近世は池田氏、ついで本多氏山崎藩の城下町として栄えた。産業は伝統的な木材、木工製品、家具製造が中心だが、中国自動車道の開通で電機器具工業などが増えつつある。農業は米作のほか野菜、花木栽培が行われ、ことにサツキの栽培が盛ん。6月初旬には「さつき祭り」が開催される。山崎城跡に歴史民俗資料館がある。[大槻 守]
『『山崎町史』(1977・山崎町) ▽『山崎の歴史』(1977・山崎町教育委員会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎の関連情報