(読み)みさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岬(千葉県の旧町名)
みさき

千葉県南東部、夷隅郡(いすみぐん)にあった旧町名(岬町(まち))。現在はいすみ市の北部を占める地域。上総(かずさ)丘陵を刻む夷隅川流域に位置し、太平洋に面する。1961年(昭和36)太東(たいとう)、長者(ちょうじゃ)の2町が合併して岬町が成立。2005年(平成17)、夷隅郡夷隅町、大原町(おおはらまち)と合併して市制施行、いすみ市となる。地名は太東崎があることに由来。旧町域はJR外房(そとぼう)線と国道128号が通じ、太東漁港がある。中世、土岐氏(とき)の領有ののち、江戸時代は天領、旗本領地となり、長者地区は六斎市(ろくさいいち)の市場町、また、房総(ぼうそう)東往還の宿場町として発達した。米作が盛んで、トマト、キュウリの野菜やナシの栽培も行われる。海食崖(がい)の断崖上に太東崎の灯台があり、海水浴場も含めて南房総国定公園に属する。太東海浜植物群落は国の天然記念物、坂東(ばんどう)三十三所第32番札所清水(きよみず)寺にある木造十一面観音像は県の指定文化財。[山村順次]
『『岬町史』(1983・岬町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岬の関連情報