岬[町](読み)みさき

百科事典マイペディアの解説

岬[町]【みさき】

千葉県南東部,夷隅(いすみ)郡の旧町。夷隅川河口の低地を占め,外房線が通じる。米,野菜,果樹を産する。漁業では,タコ,タイ,ヒラメなど水揚が盛ん。太東(たいとう)崎など海岸は南房総国定公園の一部。2005年12月,夷隅郡夷隅町,大原町と合併し市制,いすみ市となる。46.66km2。1万5191人(2003)。

岬[町]【みさき】

大阪府南西部,大阪湾に面する泉南郡の町。中心の深日(ふけ)は和歌山へ至る孝子(きょうし)街道(国道26号線)が通じ,展望にすぐれ,古来和歌にもよまれた地。南海電鉄多奈川線が通じており,鋳物工業を行うほか,米作ワカメ養殖も行う。泉州瓦を特産。火力発電所がある。49.18km2。1万7504人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みさき【岬[町]】

千葉県南東部,夷隅(いすみ)郡の町。人口1万4482(1995)。太平洋に面し,房総丘陵南部を流れる夷隅川下流域を占める。北西部と南部に丘陵があるほかは,比較的平たんである。町名太東崎にちなむ。中心集落の長者椎木(しいぎ)はともに市場町として発達したが,長者は江戸時代,房州街道有数の宿場町でもあった。米作を中心に,梨,ナツミカンなどの果樹や野菜が生産される。1974年につくられた太東漁港には,タコ,タイなどが水揚げされる。

みさき【岬[町]】

大阪府南西端,泉南郡の町。1955年に深日(ふけ)・多奈川両町と淡輪(たんのわ)・孝子(きようし)両村が合体,改称。人口2万0812(1995)。大阪湾に面し,和泉山脈西部の北斜面を占める。中心の深日は《万葉集》に歌われた吹飯浜(ふけいのはま)とされる。近世泉大津と和歌山を結ぶ孝子街道の要地として栄え,漁業や和泉瓦の生産が盛んであった。西部の谷川港は《土佐日記》にもみえる古い港で,近世は風待港として知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android