コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思川 おもいがわ

3件 の用語解説(思川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

思川
おもいがわ

栃木県西部,足尾山地北部を源とする渡良瀬川の支流。全長 77.8km。小山市の中心市街地の西部を流れ,渡良瀬遊水地で南流する渡良瀬川に合流。江戸時代には物資輸送に利用。乙女河岸(小山市),壬生河岸(壬生町)などがあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔栃木県〕思川(おもいがわ)


栃木県南西部を流れる川。足尾(あしお)山地中部の地蔵(じぞう)岳(標高1274m)東腹に源を発し、南東流して関東平野に流出、南流して渡良瀬(わたらせ)川に注ぐ。1級河川(利根(とね)川水系)。延長78km。渡良瀬川との合流点付近に渡良瀬遊水池がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の思川の言及

【小山[市]】より

…人口15万0115(1995)。市の主要部は思(おもい)川の東岸にあり,中世以来の小山氏の城下町で,江戸時代は日光道中の宿場町,思川水運の河港として栄えた。明治以降は東北本線から両毛線と水戸線が分かれ,国道4号線と50号線が交差する交通の要地となり,地方物資の集散地として農産物加工業が発達した。…

※「思川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

思川の関連キーワード足尾栃木県日光市足尾町赤倉足尾〈町〉栃木県日光市足尾町赤沢栃木県日光市足尾町掛水栃木県日光市足尾町通洞栃木県日光市足尾町遠下栃木県日光市足尾町中才栃木県日光市足尾町本山栃木県日光市足尾町松原

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

思川の関連情報