舌禍(読み)ゼッカ

  • ぜっか ‥クヮ
  • ぜっか〔クワ〕

デジタル大辞泉の解説

自分の言論が法律・道徳などに反していたり、他人を怒らせたりしたために受けるわざわい。「舌禍事件」
他人の中傷や悪口などによって受けるわざわい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 演説、講演その他自分の発した言論が法律にふれたり社会一般の常識などに反していたり、また、他人を怒らせたりしたことなどによって受けるわざわい。「舌禍事件」
② 他人の悪口や中傷などによって受けるわざわい。讒言(ざんげん)のために受けるわざわい。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舌禍の関連情報