コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶桑[町] ふそう

百科事典マイペディアの解説

扶桑[町]【ふそう】

愛知県北西部,丹羽(にわ)郡の町。木曾川左岸の犬山扇状地にある。かつて養蚕が盛んであったが,現在は守口ダイコンゴボウなど野菜が栽培される。住宅地化が進む。名鉄犬山線が通じる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふそう【扶桑[町]】

愛知県北西端,丹羽郡の町。人口3万0254(1995)。東は犬山市,北は木曾川を隔てて岐阜県に接し,木曾川が形成した犬山扇状地に位置する。畑が多く,かつて養蚕が盛んに行われたが,現在は守口ダイコンとその裏作のゴボウが栽培され,またトマト,キュウリなどのハウス栽培や養豚,養鶏,酪農なども行われる。カーテンを主とするインテリア織物を産するが,近年は繊維工業から精密機械,自動車部品製造など機械工業の比重が高くなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android