憮然(読み)ブゼン

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐ぜん【×憮然】

[ト・タル][文][形動タリ]失望・落胆してどうすることもできないでいるさま。また、意外なことに驚きあきれているさま。「憮然としてため息をつく」「憮然たる面持ちで成り行きを見る」
[補説]近年、「憮然たる面持ちで」とした場合、「腹を立てているような顔つき」の意味で使われることが多くなっているが、本来は誤り。文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」で、「然として立ち去った」の例では、本来の意味とされる「失望してぼんやりとしている様子」で使う人が17.1パーセント、本来の意味ではない「腹を立てている様子」で使う人が70.8パーセントという逆転した結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶぜん【憮然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
思いどおりにならなくて不満なさま。 「 -たる面持ち」
落胆するさま。 「昨夜幽明の郷に逝けり…-として大息する/佳人之奇遇 散士
事の意外さに驚くさま。 「一たび日本の秋を看るや、忽ちにして-自失すること/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐ぜん【憮然】

〘形動タリ〙
① 意外な出来事に驚いて茫然とするさま。また、失望したり、どうしようもなかったりしてぼんやりするさま。
※三教指帰(797頃)下「乞児憮然、問曰、何謂忠孝乎」 〔論語‐微子〕
② 不機嫌なさま。不興なさま。
※濁った陽(1960)〈松本清張〉一一「関は憮然(ブゼン)としてたばこをすった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憮然の関連情報