憮然(読み)ブゼン

  • ×憮然

デジタル大辞泉の解説

[ト・タル][文][形動タリ]失望・落胆してどうすることもできないでいるさま。また、意外なことに驚きあきれているさま。「憮然としてため息をつく」「憮然たる面持ちで成り行きを見る」
[補説]近年、「憮然たる面持ちで」とした場合、「腹を立てているような顔つき」の意味で使われることが多くなっているが、本来は誤り。
文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「然として立ち去った」を、「失望してぼんやりとしている様子」と「腹を立てている様子」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成15年度調査平成19年度調査平成30年度調査
失望してぼんやりとしている様子
(本来の意味とされる)
16.1パーセント17.1パーセント28.1パーセント
腹を立てている様子
(本来の意味ではない)
69.4パーセント70.8パーセント56.7パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形動タリ〙
① 意外な出来事に驚いて茫然とするさま。また、失望したり、どうしようもなかったりしてぼんやりするさま。
※三教指帰(797頃)下「乞児憮然、問曰、何謂忠孝乎」 〔論語‐微子〕
② 不機嫌なさま。不興なさま。
※濁った陽(1960)〈松本清張〉一一「関は憮然(ブゼン)としてたばこをすった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

憮然の関連情報