虫唾が走る(読み)むしずがはしる

精選版 日本国語大辞典「虫唾が走る」の解説

むしず【虫唾】 が=走(はし)る[=出(で)る・=来(く)る]

① 腹がへって、むしずが口の中に逆流する。
※黄表紙・啌多雁取帳(1783)「金十も物も食はずに飛びあるきし故、虫唾(ムシズ)も走りしまひ」
② 口中にむしずが出て、吐き気を催す。多く、ひどく忌み嫌うたとえにいう。
浄瑠璃・菅原伝授手習鑑(1746)三「わが頬構(つらがまへ)を見る度々にゲイゲイと虫唾(ムシズ)が出る」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)初「思ひだしてもむしづがはしる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「虫唾が走る」の解説

虫唾むしずはし・る

がむかむかするほど不快である。「顔を見ただけで―・る」
[類語]きしょい気色が悪い気味が悪い気味悪い底気味悪い薄気味悪い鳥肌が立つ気持ち悪い反吐へどが出るきもいグロい疎ましいいとわしいいまわしいおぞましいおどろおどろしい不気味不快不愉快まがまがしい忌む嫌い毛嫌い大嫌い食わず嫌いいけ好かない虫が好かないいや気に食わない犬も食わぬ憎い憎らしい憎たらしい憎憎しい苦苦しい腹立たしいいまいましい苦虫を噛み潰したよう苦り切る眉をひそめる鼻持ちならないうとむうとんずる嫌気忌避忌み嫌う煙たがる呪わしい鼻に付くうっとうしいむかつくむしゃくしゃくしゃくしゃ不興不機嫌薄ら寒いうそ寒い胸が悪い胸糞が悪い心外苛立たしいうらめしいしかめっ面渋面しぶつらしかめるひそめるひそみ顰蹙ひんしゅく苦る辟易うるさい嫌がる嫌気が差すいと蛇蝎視だかつし唾棄倦厭けんえん迷惑身の毛がよだつ総毛立つ背筋が寒くなる背筋が凍るぞっと肌にあわを生じる冷汗三斗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android