コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気色ばむ ケシキバム

3件 の用語解説(気色ばむの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けしき‐ば・む【気色ばむ】

[動マ五(四)]
怒ったようすを表情に現す。むっとして顔色を変える。「―・んで席を立つ」
それらしいようすが現れる。
㋐花が咲きそうになる。
「梅の花のわづかに―・みはじめて」〈・幻〉
㋑出産のきざしが現れる。
「この子生まるべくなりぬ。―・みて悩めば」〈宇津保・俊蔭〉
意中をほのめかす。
「時々―・める事はあれど、知りて知らず顔なるにはあらむは」〈宇津保・嵯峨院〉
意味ありげな態度を見せる。
「この童、隠れの方に―・みけるけはひを御覧じつけて」〈和泉式部日記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きしょくばむ【気色ばむ】

( 動四 )
「けしきばむ」に同じ。 「御敵をば、はや追ひ落して候ふとて、-・うてぞ帰洛しける/太平記 38

けしきばむ【気色ばむ】

( 動五[四] )
怒りを表情や態度に表す。 「人をくった発言に思わず-・む」
兆しが見える。様子が外に現れる。 「梅は-・みほほゑみ渡れる/源氏 末摘花
気持ちが顔色などに表れる。 「うらめしげに-・み聞え給ふ/源氏 朝顔
様子をつくる。意味ありげな様子をする。 「艶だち-・まむ人は、消えも入りぬべきすまひのさまなめりかし/源氏 夕顔

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

気色ばむの関連キーワード顔付き凄む瀞む老け込む武張る浮腫む薄霞む大船に乗ったよう枯ればむはにか・む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

気色ばむの関連情報