コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気色ばむ ケシキバム

デジタル大辞泉の解説

けしき‐ば・む【気色ばむ】

[動マ五(四)]
怒ったようすを表情に現す。むっとして顔色を変える。「―・んで席を立つ」
それらしいようすが現れる。
㋐花が咲きそうになる。
「梅の花のわづかに―・みはじめて」〈・幻〉
㋑出産のきざしが現れる。
「この子生まるべくなりぬ。―・みて悩めば」〈宇津保・俊蔭〉
意中をほのめかす。
「時々―・める事はあれど、知りて知らず顔なるにはあらむは」〈宇津保・嵯峨院〉
意味ありげな態度を見せる。
「この童、隠れの方に―・みけるけはひを御覧じつけて」〈和泉式部日記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしょくばむ【気色ばむ】

( 動四 )
「けしきばむ」に同じ。 「御敵をば、はや追ひ落して候ふとて、-・うてぞ帰洛しける/太平記 38

けしきばむ【気色ばむ】

( 動五[四] )
怒りを表情や態度に表す。 「人をくった発言に思わず-・む」
兆しが見える。様子が外に現れる。 「梅は-・みほほゑみ渡れる/源氏 末摘花
気持ちが顔色などに表れる。 「うらめしげに-・み聞え給ふ/源氏 朝顔
様子をつくる。意味ありげな様子をする。 「艶だち-・まむ人は、消えも入りぬべきすまひのさまなめりかし/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

気色ばむの関連キーワード目を立てる夕顔源氏御敵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気色ばむの関連情報