新庄[市](読み)しんじょう

百科事典マイペディアの解説

新庄[市]【しんじょう】

山形県北部,新庄盆地と周辺山地を占める市。1949年市制。盆地の中心の市街は最上川の支流指首野(さすの)川の扇状地に発達,江戸時代戸沢氏の城下町であった。奥羽本線(山形新幹線)が通じ,陸羽東線,陸羽西線が分岐する。米作中心の農業を営むが,1960年代から家具や電気機器の工場が立地,1980年代からは工業団地の造成が進んだ。積雪が多く,農水省農業総合研究所積雪地方支所があって,克雪,利雪に取り組んでいる。新庄城跡は最上公園となり,戸沢神社,天満宮などがある。南西端に新庄温泉(アルカリ性食塩泉,39℃)がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。222.85km2。3万8850人(2010)。
→関連項目陸羽西線陸羽東線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんじょう【新庄[市]】

山形県北東部の市。1949年市制。人口4万2896(1995)。新庄盆地のほぼ中央に位置し,北東部は奥羽山脈に属する神室(かむろ)山地に連なる。指首野(さすの)川扇状地の扇央から湧水帯にかけて形成される中心市街は,江戸初期に戸沢政盛が入部して城下町を建設してから発達した。廃藩置県により一時新庄県が置かれたが,1871年(明治4)山形県に合併,以後最上地域の行政,経済,文化の中心地として,また奥羽本線から陸羽東線・西線が分岐する交通の要衝として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android