コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日吉[町] ひよし

百科事典マイペディアの解説

日吉[町]【ひよし】

京都府中部,船井郡の旧町。丹波高地中央部,大堰(おおい)川水系と由良川水系の分水界をなし,山陰本線が通じる。米作,野菜,花卉(かき)栽培を営む。林業は衰退しつつある。

日吉[町]【ひよし】

鹿児島県薩摩半島西岸,日置郡の旧町。吹上浜砂丘と背後の低地,内陸のシラス台地からなる。農業を主とし,米,ミカン,タバコなどを産し,沿岸漁業も行う。良質の粘土で作る日置瓦は有名。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひよし【日吉[町]】

京都府中部,船井郡の町。人口6207(1995)。丹波高地の中央部に位置し,胡麻(ごま)高原は淀川水系と由良川水系の分水界をなす。標高500m前後の秩父古生層の山地が町域の大部分を占め,耕地は山間に散在する。主産業は農林業で,米作や野菜・花卉栽培が行われる。林業は衰退傾向にある。西部を山陰本線が通る。なお,殿田には丹波猿楽の梅若屋敷跡がある。【松原 宏】

ひよし【日吉[町]】

鹿児島県西部,日置郡の町。人口6088(1995)。薩摩半島中西部に位置し,西は東シナ海に面する。東部は山地からなり,南部および北西部の大半は平たんな台地で集落と耕地が点在し,ほぼ中央を大川が南流する。中世は日置荘に属し,やがて島津氏の支配下にくみこまれた。近世には日置郷と吉利(よしとし)郷の2郷とされた。明治以降出稼ぎが多く,吉利賃馬とよばれた運送人夫や日置カタメ(かつぎ)とよばれた沖仲仕に従事していた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日吉[町]の関連キーワードおおい大堰川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android