未(漢字)

普及版 字通 「未(漢字)」の読み・字形・画数・意味


常用漢字 5画

[字音] ミ・ビ
[字訓] いまだ・ゆくすえ・ひつじ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 象形
木の枝葉の茂りゆく形。〔説文〕十四下に「味なり。六味なり。五行、木は未に老ゆ。木の枝を重ぬるに象るなり」とする。枝葉の伸びる形で、これを剪裁するを制という。「未だ」のように時の関係に用いるのは仮借の用法で、否定詞との関係がある。

[訓義]
1. いまだ~ず、いまだ、いまだし、あらず、いな。
2. ゆくすえ、つぐ。
3. 十二支のひつじ。

[古辞書の訓]
名義抄〕未 イマダシ・イマダ~セズ・イマダ~スマジ・ナシ・セズ

[部首]
〔説文〕〔玉〕に十二支の一として部首を立てるが、部属の字はない。もと木部にあるべき字である。

[声系]
〔説文〕に未声として味・眛・昧・寐・・妹など七字を収める。眛・昧・寐には、冥昧の意を含むようである。

[語系]
未・勿miutは同声。末muat、蔑miat、mak、靡miai、無miua、(亡)・罔miuangはみな否定の意に仮借して用い、また冥昧の意を含むものがある。

[熟語]
未央・未可未冠未幾・未形未決未見未熟未詳未尽未遂未成未然未曾未知未定・未・未発・未半未必未聞未亡・未満未明・未来未了

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android