未(漢字)

普及版 字通「未(漢字)」の解説


常用漢字 5画

[字音] ミ・ビ
[字訓] いまだ・ゆくすえ・ひつじ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 象形
木の枝葉の茂りゆく形。〔説文〕十四下に「味なり。六味なり。五行、木は未に老ゆ。木の枝を重ぬるに象るなり」とする。枝葉の伸びる形で、これを剪裁するを制という。「未だ」のように時の関係に用いるのは仮借の用法で、否定詞との関係がある。

[訓義]
1. いまだ~ず、いまだ、いまだし、あらず、いな。
2. ゆくすえ、つぐ。
3. 十二支のひつじ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕未 イマダシ・イマダ~セズ・イマダ~スマジ・ナシ・セズ

[部首]
〔説文〕〔玉〕に十二支の一として部首を立てるが、部属の字はない。もと木部にあるべき字である。

[声系]
〔説文〕に未声として味・眛・・寐・・妹など七字を収める。眛・昧・寐には、冥昧の意を含むようである。

[語系]
未・勿miutは同声。末muat、蔑miat、mak、靡miai、無miua、(亡)・罔miuangはみな否定の意に仮借して用い、また冥昧の意を含むものがある。

[熟語]
未央・未可・未冠・未幾・未形未決未見未熟・未詳・未尽・未遂・未成・未然・未曾未知・未定・未・未発・未半・未必未聞・未亡・未満未明・未来未了

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android