松浦[市](読み)まつうら

百科事典マイペディアの解説

松浦[市]【まつうら】

長崎県北部の市。1955年市制。北松浦半島北端の丘陵地と伊万里湾口の島々を占め,玄界灘に臨む。中央を志佐川が貫流,河口に中心市街の志佐があり,松浦鉄道が通じる。米作のほかミカン,メロン栽培が行われる。沿岸ではハマチ,タイの養殖が活発。魚市場は年間約10万トンの水揚げを誇り,西日本有数の規模。水産物加工も盛ん。良質の石炭を産する炭鉱都市として発達してきたが,1969年までに全炭鉱が閉山した。1990年に九州電力の石炭火力発電所が完成し,繊維,機械工場も立地する。2006年1月北松浦郡鷹島町,福島町を編入。130.55km2。2万5145人(2010)。
→関連項目宇野御厨

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつうら【松浦[市]】

長崎県北部,北松浦半島北部にある市。玄界灘に臨む。1955年市制。人口2万3707(1995)。市役所をはじめ官公署,金融機関,松浦鉄道松浦駅は中心市街地の旧志佐町に集中している。中世の豪族松浦(まつら)党発祥の地で,根拠地の一つ梶谷城跡がある。元寇(弘安の役)の際には沿岸で戦いが行われ,その史跡もある。市制発足当時は石炭鉱業基幹産業として隆盛をきわめ,1960年には16鉱で年間65万tの生産をあげ,人口も4万4000を数えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android