意気揚揚(読み)いきようよう

四字熟語を知る辞典「意気揚揚」の解説

意気揚揚

得意そうな様子。いかにも誇らしげにふるまう様子。意気高らか。

[活用] ―と・―たる。

[使用例] この指揮官の意気々たるうしろ姿は[三島由紀夫*青の時代|1950]

[使用例] 始業式から帰って来たと思うと、由太郎は家から姿を消したが、どこからか門松に使った青竹をもらって、意気揚揚とかついで引き揚げてくる[永井龍男*石版東京図絵|1967]

[解説] 「揚揚」は誇らしげな様子。

[対義] 意気消沈

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「意気揚揚」の解説

いき‐ようよう ‥ヤウヤウ【意気揚揚】

〘名〙 (形動タリ) 得意そうなさま。いかにも誇らしげにふるまうさま。意気高らか。
※朝野群載(1116)三・亭子院賜酒記「初雖快飲意気揚々
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「我邦を金甌無缺万国に絶すと称して意気揚々たるが如し」 〔史記‐管晏伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「意気揚揚」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android