コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜北[市] はまきた

百科事典マイペディアの解説

浜北[市]【はまきた】

静岡県南西部の旧市。1963年市制。天竜川西岸扇状地と赤石山脈南端部を占める。南隣の浜松市と同様,江戸末期からの織物・製材工業,第2次大戦後の自動車・オートバイ・電気・機械部品の製造が盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまきた【浜北[市]】

静岡県南西部,浜松市の北にある市。1956年浜名町と北浜村ほか3村が合体して浜北町となり,63年市制。人口8万3810(1995)。市域は天竜川の西岸に位置し,同川のはんらん原と沖積地,三方原台地からなる。遠州鉄道と国道152号線が南北に通り,沿線の貴布禰(きぶね)と小松が中心集落。また北部に天竜浜名湖鉄道と国道362号線が東西に走っている。貴布禰は古くから遠州織物の取引の中心地として栄え,1925年には日清紡績が立地したほか,周辺の農村部には現在でも織物工場がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浜北[市]の関連キーワードコーマン新藤兼人北九州(市)中平康森一生ロメール飯島耕一川島雄三シモンドン鈴木清順

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android