コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海南[町] かいなん

百科事典マイペディアの解説

海南[町]【かいなん】

徳島県南部,海部(かいふ)郡の旧町。大部分は海部川流域の山地で,下流に土佐街道に沿う主集落の四方原と大里がある。農林業が行われ,キュウリ花卉(かき)などのハウス栽培が盛ん。大里は藩政時代土佐に対する南方の拠点で複雑な町割を呈する。海部川は北の木頭(きとう)地方との交通に利用された。牟岐(むぎ)線が通じる。2006年3月,海部郡海部町,宍喰町と合併し町制,海部郡海陽町となる。209.22km2。6150人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいなん【海南[町]】

徳島県南部,海部(かいふ)郡の町。1955年浅川,川東,川上の3村が合体,町制。人口5951(1995)。海部川流域にあり,南東は太平洋に臨む。海部川河口北岸の沖積平野を占める川東地区が町の中心地で,江戸時代は徳島藩南方の防衛拠点として重視され,大里には海部御鉄砲が置かれた。周辺は四方原とよばれる江戸時代初期に開田された水田地帯で,近年はキュウリの一大産地となっており,ユリ,菊を中心とする花卉栽培も行われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android