コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火を見るよりも明らか ヒヲミルヨリモアキラカ

デジタル大辞泉の解説

火(ひ)を見(み)るよりも明(あき)らか

《「書経」盤庚上から》きわめて明らかで、疑いを入れる余地がない。を見るより明らか。明々白々。「泣きをみるのは火を見るよりも明らかである」
[補説]ふつう、悪い結果になるのが予想される場合に使う。文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「火を見るより明らかだ」を使う人が71.1パーセント、本来の言い方ではない「火を見るように明らかだ」を使う人が13.6パーセントという結果が出ている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひをみるよりもあきらか【火を見るよりも明らか】

きわめて明白・確実であることにいう語。否定的な事態についてのみ言う。疑う余地がない。 「増税が国民の反発を招くことは-だ」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

火を見るよりも明らかの関連キーワード世論調査文化庁国語補説反発増税

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火を見るよりも明らかの関連情報