火を見るよりも明らか(読み)ヒヲミルヨリモアキラカ

デジタル大辞泉の解説

火(ひ)を見(み)るよりも明(あき)らか

《「書経」盤庚上から》きわめて明らかで、疑いを入れる余地がない。を見るより明らか。明々白々。「泣きをみるのは火を見るよりも明らかである」
[補説]ふつう、悪い結果になるのが予想される場合に使う。文化庁が発表した平成20年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「火を見るより明らかだ」を使う人が71.1パーセント、本来の言い方ではない「火を見るように明らかだ」を使う人が13.6パーセントという結果が出ている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひをみるよりもあきらか【火を見るよりも明らか】

きわめて明白・確実であることにいう語。否定的な事態についてのみ言う。疑う余地がない。 「増税が国民の反発を招くことは-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火を見るよりも明らかの関連情報