田代(読み)たしろ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代(鹿児島県)
たしろ

鹿児島県肝属(きもつき)郡、大隅(おおすみ)半島南部にあった旧町名(田代町(ちょう))。現在は錦江(きんこう)町の南部を占める。旧田代町は1961年(昭和36)町制施行。2005年(平成17)大根占(おおねじめ)町と合併し錦江町となった。旧町域の大部分を肝属山地が占め、平地は麓(ふもと)川、雄(お)川に沿って細長く延びる。歴史は古く、縄文・弥生(やよい)時代の遺物が多く出土している。中世、禰寝(ねじめ)院の一部で、近世は島津氏直轄の田代郷として麓(外城(とじょう))が置かれた。農林業が盛んで、かつては米作、サツマイモ・タバコ栽培が主であったが、現在はブロイラーや肉用牛などの畜産と茶の生産が盛んである。雄川上流の花瀬(はなぜ)付近は、川床に溶結凝灰岩の石畳が広がる景勝地で大隅南部自然公園の一部である。稲尾岳の原生林は国の天然記念物に指定されている。[平岡昭利]
『『田代町郷土誌』(1982・田代町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田代の関連情報