コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登米[町] とよま

百科事典マイペディアの解説

登米[町]【とよま】

宮城県北部,登米(とめ)郡の旧町。北上川南流,西部は平坦地が多く,東部は山間地帯。河岸の主集落登米は伊達氏の一族白石氏の城下町として発達,武家屋敷が残る。米を多産し,みそ,醤油,伝統的な松笠風鈴の特産がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよま【登米[町]】

宮城県北東部,登米(とめ)郡の町。人口6507(1995)。北上高地南端の西側にあり,中央を北上川が南流する。中心集落の登米は北上川西岸に位置し,古くは寺池とも呼ばれ,葛西氏の本拠地であった。江戸時代は伊達一門の登米伊達氏の城下町で,今も武家屋敷が残る。登米伊達氏の祖白石宗直は治水や開墾に努力し,北西部の低湿地を干拓して水田地帯とした。明治初期に一時登米(水沢)県庁がおかれたこともあるが,その後は停滞した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android