コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井[町] いしい

百科事典マイペディアの解説

石井[町]【いしい】

徳島県北東部,吉野川南岸の低地を占める名西(みょうざい)郡の町。主集落は伊予街道(国道192号線)と徳島線に沿う交通要地。江戸時代から明治前期にかけてアイ栽培の一中心で,のち桑園化と麻名(あさな)用水による水田化が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いしい【石井[町]】

徳島県北東部,名西(みようざい)郡の町。人口2万5436(1995)。吉野川下流南岸のはんらん原に位置し,町域のほとんどが沖積低地である。江戸時代から明治前期にかけてアイ作が盛んであったが,のち桑園化され,明治末期の浅名用水の開通とともに水田化が進んだ。近年は稲作,野菜,酪農などを中心とした多角的農業地帯となっている。周辺の酪農地帯を背景に森永乳業日本ハムなどの工場が立地する。工業は食料品製造業のほか,繊維製品,家具製造業も盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

石井[町]の関連キーワード吉野川(高知・徳島)

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android