コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窶れる ヤツレル

デジタル大辞泉の解説

やつ・れる【×窶れる】

[動ラ下一][文]やつ・る[ラ下二]
病気・心労などで、やせ衰える。「病気で別人のように―・れてしまう」
見栄えのしないようすになる。みすぼらしくなる。
「いと若かりしほどを見しに、太り黒みて―・れたれば」〈・玉鬘〉
人目につかないように、服装などを粗末にする。みすぼらしい姿になる。
「いと忍びてただ舎人二人召し継ぎとして―・れ給ひて」〈竹取
落ちぶれる。
「かく―・れたるに、あなづらはしきにやと」〈・明石〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やつれる【窶れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 やつ・る
病気や心配事などのために、やせおとろえる。 「長のわずらいで-・れる」
おちぶれる。みすぼらしくなる。 「かく-・れたるに、あなづらはしきにやと/源氏 明石
目立たないようにしている。また、喪服姿になる。 「網代車の昔、おぼえて-・れたるにて出で給ふ/源氏 若菜上

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窶れるの関連キーワード源氏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android