コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田[町] おた

百科事典マイペディアの解説

織田[町]【おた】

福井県中部,丹生(にゅう)郡の旧町。丹生山地内の小盆地にある中心集落は剣神社鳥居前町として発達。織物,木工業を行い,織田焼を特産。2005年2月丹生郡朝日町,宮崎村と越前町へ編入。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おた【織田[町]】

福井県中西部,丹生(にゆう)郡の町。人口5214(1995)。丹生山地の中央に位置し,四方を山に囲まれ,天王川支流の織田川沿いに盆地が形成される。中央に《延喜式》の式内社で,旧国幣小社の織田神社があり,中心集落の織田は鳥居前町として発達した。織田信長の祖が神官を務めたとされ,織田氏の崇敬を受けた。社蔵の梵鐘は奈良時代の製作で,国宝に指定されている。南隣の宮崎村とともに古越前の産地で古窯跡が多く残る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

織田[町]の関連キーワード越前町

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android