コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義絶[日本] ぎぜつ[にほん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義絶[日本]
ぎぜつ[にほん]

親族関係を絶つ行為。日本では時代により内容が異なる。律令では,特定の事由が生じた場合 (たとえば夫または妻が相手の祖父母,父母を殴打し,尊属近親を殺したときなど) には夫婦は互いに離婚を強制されるべきものと定められていた。この種の離婚を義絶と称した。中世の幕府法では親子関係を親が絶つことを意味した。江戸時代には同等の親族との関係を絶つことを意味した。 (→勘当 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android