葛城(読み)かつらぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛城(奈良盆地)
かつらぎ

奈良盆地南西部、金剛山地東麓(とうろく)の旧葛上(かつじょう)、葛下(かつげ)両郡にまたがる地域。記紀には「加豆良紀」「箇豆羅紀」とあり、近世まで「カヅ(ズ)ラキ」とよんだ。「葛木」とも書いた。1897年(明治30)葛上・忍海(おしみ)両郡をあわせ南葛城郡、葛下・広瀬両郡をあわせて北葛城郡となった。御所(ごせ)市西部の金剛山東麓は紀ノ川筋からの通路として古くから開け、古代大和(やまと)の豪族葛城氏の本拠地、仁徳(にんとく)天皇の皇后磐之媛(いわのひめ)の出身地である。『日本書紀』「神武(じんむ)紀」によれば、地名は、葛(クズ)の網で土蜘蛛(つちぐも)を掩殺(えんさつ)したことに由来する。金剛、葛城山中はいまもクズが生え葛根(かっこん)の採集地として知られる。「城」は唐風の美称的意味をもつ用字であるという。葛城山東麓を南北に延びる古街道が「葛城の道」として整備され、葛城の道歴史博物館もつくられている。なお、2004年(平成16)に北葛城郡の當麻(たいま)町と新庄(しんじょう)町が合併して、葛城市となっている。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葛城の関連情報