蒲・香蒲(読み)がま

精選版 日本国語大辞典「蒲・香蒲」の解説

がま【蒲・香蒲】

〘名〙 (古くは「かま」) ガマ科の多年草。各地の池や沼に生える。高さ約一・五メートルになる。根茎は白色で泥中をはう。葉は長さ約一メートル、幅約二センチメートルの剣状。夏、茎頂に穂を出し、微小な花を多数つける。雄花群は長さ一〇センチメートル内外で黄色。雌花群は長さ約二〇センチメートル、直径約二・五センチメートルの円柱状で雄花群の下部に接する。穂は蒲団のしんや火打ち石火口(ほくち)にし、葉と茎とでむしろ、かご、すだれなどを作る。若葉は食用ともなる。花粉は漢方で蒲黄(ほおう)といって止血剤、利尿剤に用いられる。漢名、香蒲。かば。ひらがま。みすぐさ。あかま。しきな。《季・夏》
書紀(720)天武一〇年八月(北野本訓)「土毛(くにつもの)は、支子(くちなし)、莞子(カマ)、及び種々の海つ物等多(にへさ)なり」
[語誌]「新撰字鏡‐七」「十巻本和名抄」「観智院本名義抄」「文明本節用集」などでは「カマ」と清音であり、「かます()」「かまぼこ(蒲鉾)」のように、複合語の場合、現在でも清音の形をとどめている。しかし、「運歩色葉集」「日葡辞書」などで濁音表記されており、中世末から近世にかけて、「ガマ」と濁音化したと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android