(読み)ぎ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎ【議】

〘名〙
① 相談すること。評議。また、論ずること。議論。論議。
※今昔(1120頃か)三一「彼の霊巖寺に行幸可有き議(ぎ)有けるに」 〔書経‐周官〕
② 意見。考え。説。
※高野本平家(13C前)二「当座の公卿皆長方の議に同ずと申あはれけれども」
※上杉家文書‐応永一七年(1410)一〇月九日・毛利広春置文案「おうゑいのぎのほか、たのいろいこれあるべからず候」
③ 律制での刑法上の特典。皇室の親族、長く君側にある者、特に徳行、才芸、勲功のある者、三位以上の位にある者などを、六議(議親、議故、議賢、議能、議功、議貴)と称し、刑法上の罪を減じた。それらが死刑の罪を犯したときは、天皇の裁断により処刑する。また、流刑以下の罪には、特に一等を減じて処刑する。この特典を得る者を応議者というが、八虐の罪を犯した場合は適用されなかった。→六議(りくぎ)

ぎ‐・する【議】

〘他サ変〙 ぎ・す 〘他サ変〙
① 集まって意見を述べ合い、物事を相談する。合議する。評議する。
※大鏡(12C前)五「『子四』と奏してかくおほせられ議するほどに」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「世嗣(よつぎ)の事を議するに」
② そしる。非難する。論難する。誹議する。

ぎ‐・す【議】

〘他サ変〙 ⇒ぎする(議)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎ【議】

話し合い。相談。「委員会のを経る」
意見。考え。提案。
古代、特別の身分ある者に対して、が規定した特典皇室親族や特に才徳にすぐれた、三位以上の者などの刑法上の罪を減じた。

ぎ【議】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]はかる
学習漢字]4年
意見を出して話し合う。「議案議会議決議題議論会議協議衆議審議詮議討議評議謀議論議和議
あれこれ批評する。「抗議誹議(ひぎ)物議
意見。議案。「異議建議提議動議発議
おもいはかる。「不可思議
「議員」の略。「市議都議
[名のり]かた・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android