護符・御符(読み)ごふ

  • ごふう

大辞林 第三版の解説

災厄から身を守り、幸福を招くと信じられているお守り札。神仏の像や名、真言や梵字などの書かれたものが多い。身につけたり家の内外に貼ったり、飲み下したりする。おふだ。お守り。護身符。護摩札。ごふう。秘符。呪符じゆふ
ごふ護符

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 「ごふ(護符)①」の変化した語。〔運歩色葉(1548)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android