コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那賀[町] なか

百科事典マイペディアの解説

那賀[町]【なか】

徳島県中南部にある那賀郡の町。那賀川の上流域を占める。西部の剣山周辺は剣山国定公園に属する。2005年3月那賀郡鷲敷町,相生町,上那賀町,木沢村,木頭村が合併し町制

那賀[町]【なが】

和歌山県北部,那賀(なが)郡の旧町。紀ノ川中流域にあり,中心は和歌山線が通じる名手(なて)。ミカン富有柿多産南端にある飯盛山飯盛銅山は銅を産出したが,1968年閉山。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なが【那賀[町]】

和歌山県北端,那賀郡の町。人口9103(1995)。紀ノ川中流域に位置し,北は大阪府に接する。北部は和泉山脈,南部は紀伊山地北縁の山地で,中央部に紀ノ川が西流し,複合扇状地の和歌山平野が形成されている。紀ノ川北岸にある中心集落の名手市場は大和街道沿いに開けた宿場町,市場町で,旧名手本陣妹背家住宅(重要文化財)が残る。南岸の麻生津(おうづ)はかつて紀ノ川水運の舟着場であった。ミカン,富有ガキなどの栽培を中心とした農業が基幹産業で,南北の丘陵地帯は果樹園でおおわれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の那賀[町]の言及

【名手荘】より

…紀伊国那賀郡(現,和歌山県那賀郡那賀町,粉河町)の荘園。もと藤原頼貞の私領であったが,所領経営に失敗し,1064年(康平7)石清水(いわしみず)八幡宮寺に寄進された。…

※「那賀[町]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那賀[町]の関連キーワード相生町

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android