コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田[村] のだ

世界大百科事典 第2版の解説

のだ【野田[村]】

岩手県北東部,九戸(くのへ)郡の村。人口5204(1995)。東は太平洋に臨み,北から西は久慈市に接する。北上高地に連なる山地からなり,海岸部は低い段丘を形成している。安家(あつか)川が北東流して太平洋に注ぎ,川沿いにわずかの低地が開ける。漁業はワカメ,ホタテガイの養殖が盛んで,特にホタテ稚貝の生産は県内一である。農業は海霧のため恵まれないが,養豚食用菊や大豆の栽培などが行われている。マンガン鉱を産出する野田玉川鉱山があったが,1984年閉山した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android