鞍馬天狗(文学)(読み)くらまてんぐ

百科事典マイペディアの解説

大仏次郎の連作時代小説。1924年発表の《鬼面の老女》から1958年―1959年の《西海道中記》に至る36編で,新撰組を相手に,勤王の志士鞍馬天狗(倉田典膳)が神出鬼没の活躍をする。大衆読物として人気を集め,映画化もされた。
→関連項目嵐寛寿郎判官物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android