鞍馬天狗(文学)(読み)くらまてんぐ

百科事典マイペディアの解説

鞍馬天狗(文学)【くらまてんぐ】

大仏次郎の連作時代小説。1924年発表の《鬼面の老女》から1958年―1959年の《西海道中記》に至る36編で,新撰組を相手に,勤王の志士鞍馬天狗(倉田典膳)が神出鬼没の活躍をする。大衆読物として人気を集め,映画化もされた。
→関連項目嵐寛寿郎判官物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android