鳴子(読み)なるこ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳴子(宮城県の旧町名)
なるこ

宮城県北部、玉造(たまつくり)郡にあった旧町名(鳴子町(ちょう))。現在は大崎(おおさき)市の北西端を占める地域。旧町名は「なるこ」と読むが、地名は「なるご」とも読む。1921年(大正10)温泉村が鳴子町と川渡(かわたび)村に分離。1954年(昭和29)鳴子町と川渡、鬼首(おにこうべ)の2村が合併。2006年(平成18)古川(ふるかわ)市、志田(しだ)郡松山(まつやま)町、三本木(さんぼんぎ)町、鹿島台(かしまだい)町、玉造郡岩出山(いわでやま)町、遠田(とおだ)郡田尻(たじり)町と合併して、大崎市となった。奥羽山脈を境にして西は山形県、北は秋田県に接し、荒雄(あらお)川(江合(えあい)川)上流域を占める。古くからの交通の要地で、JR陸羽東線、国道47号(北羽前街道)、108号(羽後街道)などが通じる。近世は銅の採鉱や馬産地として知られた。荒雄川に沿って上流に鬼首温泉郷、その下流に鳴子温泉郷があり、温泉地としての開発が進んでいる。尿前関(しとまえのせき)跡、芭蕉(ばしょう)の句碑のある鳴子公園、上野々(うえのの)・花淵(はなぶち)山や鬼首高原のスキー場、鳴子ダムとそれに伴う荒雄湖、荒雄川の支流大谷(おおや)川に約6キロメートル峡谷美の続く鳴子峡などがあり、栗駒国定公園域となっている。鳴子こけしの産地で、約5000本のこけしと資料を展示した日本こけし館があり、8月には全国こけし祭が行われる。宮城伝統こけしとして、鳴子漆器とともに国の伝統的工芸品に指定される。[境田清隆]
『『鳴子町史』(1974・鳴子町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳴子の関連情報