黒竜江[省](読み)こくりゅうこう

百科事典マイペディア「黒竜江[省]」の解説

黒竜江[省]【こくりゅうこう】

中国,東北地方北部の省。簡称は黒。北は黒竜江(アムール川),東はウスリー川を隔ててロシアに接する。省都はハルビン。北半の中央に小興安嶺があり,南半の西・南・東に松花江嫩江(のんこう)流域の平野が広がる。中国最寒区の一つ。満族,朝鮮族,回族,モンゴル族をはじめ,ダフール族シボ族ホジェン族,オロチョン族,エベンキなどの非漢民族も多い。木材・毛皮(ともに小興安嶺,南部山岳地帯)・薬材を産し,特に松嫩平原は小麦・ダイズ・コーリャン・水稲の大穀倉地帯をなす。鉱産は金(漢河,呼瑪,愛輝など),鉄(河城,集賢),石炭(鶴崗,鶏西,双鴨山など),石油(大慶)等。ハルビン,チチハル一帯を中心に,化学,食品,機械,電気器具,車両等の工業が盛ん。交通は浜洲(ハルビン〜内モンゴルのマンチュリー),浜綏(ハルビン〜綏芬河(すいふんが))の2国際鉄路をはじめ,浜北・斉北・平斉・綏佳等の諸鉄路があり,水運も発達,自動車道路も近年急速に発達した。45万3900km2。3811万人(2014)。
→関連項目拓跋氏東三省満州

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「黒竜江[省]」の解説

こくりゅうこう【黒竜江[省] Hēi lóng jiāng shěng】

中国東北部の一級行政区。中国の北東端に位置する。省都はハルビン(哈爾浜)市。3地区(綏化すいか),松花江,大興安嶺),29市(11地級市,18県級市),49県,1自治県からなる(1995)。面積は45万3000km2,全国総面積の約4.8%にあたる。人口3701万(1995)。北は黒竜江,東はウスリー(烏蘇里)江をにロシアと国境を接し,西は内モンゴル自治区のフルンブイル(呼倫貝爾)盟と,南は吉林省と境する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android