コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドワード Edward

翻訳|Edward

デジタル大辞泉の解説

エドワード(Edward)

[1002ころ~1066]懺悔(ざんげ)王(~the Confessor)。イングランド王。在位1042~1066。エセルレッド2世の子。敬神の念があつく、ウエストミンスター寺院を再建。法令集「エドワード懺悔王の法」を作った。
(1世)[1239~1307]イングランド王。在位1272~1307。ヘンリー3世の長子シモン=ド=モンフォールを敗死させて即位。ウェールズを征服、併合。模範議会を開催し、議会制度の発展にも尽くした。
(3世)[1312~1377]イングランド王。在位1327~1377。エドワード2世の長子。母がカペー朝の出身であったことからフランス王位継承権を主張して、百年戦争を開始。この治世に、上院下院の別がほぼでき上がった。ガーター勲章を制定。
[1330~1376]黒太子(こくたいし)(~the Black Prince)。エドワード3世の長子。フランスとの百年戦争に活躍。南フランス、アキテーヌとガスコーニュを統治。黒い鎧を着用して活躍し、その行動は中世騎士道の華とされる。
(6世)[1537~1553]イングランド王。在位1547~1553。ヘンリー8世の子。16歳で死去。熱心な新教徒で、「四十二箇条宗義」「一般祈祷(きとう)書」を発布してイギリス国教会の確立を指導。
(7世)[1841~1910]英国王。在位1901~1910。ビクトリア女王の長子。60歳で即位。南ア戦争を終結させ、三国協商の成立に尽くして英国の国際的地位の向上に努めた。
(8世)[1894~1972]英国王。在位1936年1~12月。ジョージ5世の長子。米国生まれのシンプソン夫人との結婚問題で退位。以後、ウィンザー公と称した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エドワードの関連キーワードビクトリア女王証聖王在位

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エドワードの関連情報