コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『孟子』 モウシ

とっさの日本語便利帳の解説

『孟子』

戦国時代に孟子(名は軻。前三七二頃~二八九)が自説を述べたもの。人がおのずから備えている良能良知を発揮する仁政本源とすべきと提唱した。のち“亜聖”と呼ばれ、孔孟学派を築いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

『孟子』の関連キーワード木に縁りて魚を求む去る者は追わず寡は衆に敵せず孟子字義疏証七経孟子考文居は気を移す曰く言い難し揆を一にする孔孟の教え衆寡敵せず似て非なり市井の臣講孟余話良知良能己を枉ぐ大学章句戦国時代四書五経耳目の欲読書尚友

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『孟子』の関連情報