きゃく

精選版 日本国語大辞典「きゃく」の解説

きゃく【脚・

[1] 〘名〙
あし。人間その他物の場合にも、また、いろいろな道具類の場合にもいう。
学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉五「非常の勇力あるに非ざれば知らずして流れ識らずして靡き、動もすれば其を失するの恐ある可し」
② 昔、調庸の税を運送する脚夫。運脚。
[2] 〘接尾〙 椅子などあしのついた道具を数えるのに用いる。
※延喜(927)一「八足案四脚。〈〉輿籠三脚」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android