ごろり(読み)ゴロリ

デジタル大辞泉の解説

ごろり

[副]大きくて重い物が倒れたり、転がったりするさま。「ごろりと横になる」「丸太をごろりと転がす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごろり

( 副 )
(多く「と」を伴って)かたくて大きいものが転がったり倒れたりするさま。ごろっと。ごろん。 「大きな石が-と動く」 「 -と横になる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごろり

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 物が転がるさまを表わす語。「ころり」よりやや大きく、重い感じを表わす。
※報恩録(1474)上「又髑髏裏眼睛とは、識知がからりっと尽てごろりと倒るる端的よ」
※首が落ちた話(1918)〈芥川龍之介〉下「長い辮髪をぶらさげた首が、ごろりと床の上へころげ落ちた」
② 人が転がるさま、横たわるさまを表わす語。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「葉山はごろりと転側(ねがへり)をして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごろりの関連情報