コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どかん ドカン

デジタル大辞泉の解説

どかん

[副]
大きく重い物が落ちたりぶつかったりしたときなどに立てる音を表す。「どかんと電車が車止めにぶつかる」
爆発したり破裂したときの大きな音を表す。「どかんと大砲の音が響く」
物事が一度に大きく変化するさま。「地価がどかんとはねあがる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どかん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
大きくて重い物などが、他のものにあたったりして立てる音を表す語。 「船が誤って岸壁に-とぶつかる」
銃砲などの大きな音を表す語。 「大砲を-とうつ」
人が驚くようなことをするさま。 「 -と一発、派手にやるか」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どかんの関連キーワード日本のおもな博物館アンチゴライト免疫不全症候群新豊院山墳墓群ペリクレース東アジア世界塩素燐灰石磁苦土鉄鉱三崎[町]車止めどてん地価置目大砲銃砲岸壁

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どかんの関連情報